少額から始めるFX


「FXは大きな利益が見込める」という世間で煽られた結果だけが先行し、そのリスクに目を向けることなく莫大な資金を投下し、大損をしたという人の話はよく聞く。
確かにFXは少額の資金で大きな利益を得ることが魅力な投資商品だが、大きく利益を得られる反面リスクも他の投資商品に比べ格段に高い。
ハイリスクでありハイリターンな運用商品なのだ。

従って「大きく稼げる」部分だけしか見ずに外為の世界で日々起きている様々な駆け引きに目を向けず、いきなり勝負に参加してもすぐに強制退場させられるのは目に見えている。
つまり外為のしくみやリスクをよく勉強せず、分析せず、上がるか下がるかの勘だけでトレードすると大損する。
大損した人の多くはこの「勘」で取引した人が少なからずいる。

f xには他の投資商品と比較し大きく稼げるチャンスという魅力と大損するかもしれないという怖さが表裏一体で存在する。
しかしもし外為取引に少しでも興味がおありであれば、まずは気軽に始められる5千円からFXを体験してみてはどうだろう。
仮に損をしたとしても大損までにはならないのではないだろうか。

さらに昨今、少額でもFX取引が可能な業者は増えてきたこともあって、少額FX取引は徐々に注目を浴び始めてきている。
5千円で儲かるか、損するかはわからないが、まずは各業者が行っているデモトレーニングを始めてみて感触を掴んでみて頂きたい。
このデモトレーニングできっとFXの奥深さや面白さがわかって頂けると思う。

FX 外国為替証拠金取引 | 第一商品株式会社
第一商品株式会社

初心者が使いやすいFX業者ってどこ?

いまダントツ使いやすい「GMOクリック証券」

GMOクリック証券と言うと、今ではシステムトレードなどが有名になってきているので、自動売買で強い・・・と言うように思われているところがあります。
ですが、GMOクリック証券は「取引全体で手数料が安い」ので、初心者にしてみれば特に問題のない業者と言う点が、特に評価されるべきなのです。

近年では、先ほどのシステムトレードでの取引希望者が非常に多くなってきました。
それもあって、強力なシステムトレードを用意している業者では、「スプレッド・スワップポイント」などにおいて手数料を多く取っている業者は多いです。
GMOクリック証券でもそうですが、システムトレードツールと言うのは自社開発のものと、他業者が開発したものを応用しているものの2つ以上で構成されています。

なので、業者によってはスプレッドがどれだけ安くても、システムトレードなどの利用時には高いなどのトラブルもありますので注意しましょう。
その面倒が少ないのがGMOクリック証券と言う訳です。

FXプライム

FXプライムでは、「ぱっと見テクニカル」がありますので、初心者であっても上級者(プロトレーダー)のような予測を立てる事ができます。
本来であれば、自分でデータを蓄積させていき、チャートから予測を立ててFXではエントリーまでを行います。
ここまで「全部一人で行わないといけない」というのが、今までずっとFXでは初心者が苦労する部分となっていました。
ですが、FXプライムでは先ほどのテクニカルチャートがありますので、「最大約12年分(ローソク足3000本分)」にも上るデータを呼び出して使う事ができるのです。

当然ですが、チャートについては過去チャートを元にして、現在のチャートと形状が似ている時期で判断されるようになっていますので、お客様のほうで作業は殆どありません。
チャートサービスを起動させ、次に「過去の値動き」を参考とするだけです。
これにより、通貨ペアごとのチャートを見ると、「通貨ペア独自の将来」について、FXプライムでは誰でも精度の高い予測が可能となります。

マネックスFX

マネックスFXは「シンプル」です。
最近では、どこのFX業者も高性能のサーバーを使っていますとか、もしくは新しい料金プランを提示したりしていますが、これとFXの使いやすさは直結しません。

大事なのは、「システムがシンプル」なのかどうか・・・だけなのです。
しかし、そこまで多くの業者がこのような対応をしているのではなく、殆どの業者ではマネックスFXと逆行して段々と複雑化しているのですね。
わかりやすく言うと、今ではFXも10年以上の業者が多いので「初心者お断り」なのでしょう。
ですが、マネックスFXは初心者でも低い金額からで利用できるスタンダードプランを用意していますし、また、取引画面もログイン後に表示されるものだけで行える・・・と言う非常にシンプルな構造になっています。

業界でも特に安いスプレッドと、シンプルな画面のおかげで初心者からは高く支持されているFX業者となっています。
何よりもコントロールしないといけない画面操作が少ないのは魅力的です。

楽天証券

楽天証券は「先物が業界でも最安」となっています。
楽天証券での先物取引の手数料ですが、「日経225ミニ取引では52.5円/1枚(税込:1円未満切捨)」となっており、「日経225先物取引では472.5円/1枚(税込:1円未満切捨)」となっていますので、実際に楽天証券に行って確認されてみてはどうでしょうか?
また、その代わりに別の手数料があったり、証拠金が大金でないといけないなどのトラブルもありません。

先ほどの日経225ミニであっても、日経平均株価の100倍の値段の取引を、「小額の証拠金」で行えるように工夫がされているのです。
このようなサービスこそが、楽天証券と他の業者の大きな違いでしょう。
また、このようなサービスだけだと、初心者に楽天証券は向いていないように感じますよね。
レバレッジなどが不安になりますので・・・。
しかし、楽天証券ではトレーディングツールについても用意していますので、リスクを減らすためのロスカットについても自動で対応してくれるツールまでもが用意されています。

ライブスター証券

ライブスター証券と言うと、「業界最安」とされている手数料があります。
よくあるFX口座比較サービスなどでもよく紹介されていますが手数料無料と言う言葉がFX業界ではよく使われていおり、手数料無料と言うのは「あくまでも一部」なので、全体ではないケースが多いです。
ライブスター証券の場合、「1注文ごとの約定代金に応じて手数料が発生」となっていますので、手数料が無料と言うものではありません。
これがライブスター証券の「一律(つどつど)プラン」と言う手数料の仕組みです。

1日の約定代金合計額の場合では、手数料が変わってきて「定額(おまとめ)プラン」と言う風になっていますので、ライブスター証券での手数料は、「この2プランから選択」となっているのが、他のFX業者との相違点でしょう。
また、プラン変更は後からでも変更可能です。

またライブスター証券では、FX取引で新規に口座開設をすると、キャンペーンとして「手数料が今だけ0円」となるキャンペーンが開催されてもいます。

フィリップ証券『ミラーFX』で自動売買が面白い

フィリップ証券のミラーFXですが、コチラは「ミラーFX(フィリップ専用版)」となっています。
なので、詳細においては通常のシステムトレーダーとは違っていて、フィリップ証券(当社)が提携している国内ストラテジープロバイダーのストラテジーを使用できるのです。

ちなみに、このように提供されてくるストラテジーについては、どこの業者も専用で開発している業者がいますので、そちらから提供を受け付けています。
フィリップ証券のミラーFXなどでも、「ストラテジーのページ」において、そのような説明文がありますのでチェックをしてみると面白いでしょう。
また、このような提供を受けているようなシステムトレードの場合、実際に多くの人が業者のものだと信用していますので利用者が非常に多いです。
そして、「ランキング」も存在しますので、実際の勝率・収益などについてもランキングだけで、フィリップ証券のミラーFXのものは確認が可能です。

Copyright© 2013 少額でも大丈夫!5千円から始めるFX All Rights Reserved.